ハロー効果

Posted 2011-09-26 / Last modified 2011-09-26

与えられたいくつかの情報から他者に対する印象を作り上げることを印象形成と言うが、その中に望ましい特徴が有ると全体としてよい印象を持つことを「ハロー効果」と呼ぶ(「ポジティブなハロー効果」)。逆に望ましくない情報によって全体としての印象が悪くなることは「ネガティブなハロー効果」と呼ぶ。

この場合の重要な点は二つ。

ひとつは、ネガティブにしろポジティブにしろ、「相手にとって(もしくは一般的に)望ましい情報or望ましくない情報を与えることによって印象付けることが出来る。」といった、(ある意味)実践的な側面。

ひとつは、「ある一面で相手への印象が大きく変わった。好きになったor嫌いになった。」などのように、「受け取り手にとって望ましい情報か望ましくない情報かによって全体の印象が大きく変わる。」といった現象の部分。

それらをうまくコントロールできる人もいるだろうが(僕には出来ませんが…)人は意外に、全体を見ようとはしないもの(出来ない…が正しいかも)与えられた範囲の情報から、全体を判断しようとします。

そしてもうひとつ大事なことは、逆説的に…人は受け止めたい印象につながる情報だけを見ようとするものです。与えられた情報に自分なりの意味を加えて。

No Comments »